徒然なる記録 - Chaotic Shoreでタグ「ノートPC」が付けられているもの

予約していた Let's Note S9 大学生協モデルを昨日購入。ホントは今日発売だったはずなんだけど、微妙に早く入ったっぽい。

んで、昨日今日とソフトのインストールやら何やらやっとりました。もちろん実験の空き時間ですよ、そこんとこよろしく。

法人向けモデルからのグレードアップとのことで基本スペックはかなり高め。うちのおんぼろ自作デスクトップ&旧 Dell ノートなぞ足元にも及ばない。
特に Core i5 は 2 コア 4 スレッドなので特に同時に複数の作業をするときに威力を発揮。

CF-S9JYF1DC

OS:
Windows 7 Pro (32 bit)

CPU:
Intel Core i5-520M

メモリ:
4 GB (2 GB*2)

ディスプレイ:
12.1 inch

HDD:
250 GB

GPU:
Intel HD Graphics

LAN:
1000/100/10

無線 LAN:
802.11a/b/g/n

WAN:
WiMax

Office:
MS Office 2007 Pro

バッテリ:
12 時間 (カタログ値)

とりあえず最低限必要なソフトをインストール。
  • Norton Internet Security (ウイルスバスター削除して入れ替え)

  • Mozilla Firefox

  • Mozilla Thunderbird

  • Mozilla Sunbird

  • ChemBioOffice

  • 秀丸

  • OpenOffice

  • GnuPG

  • cygwin

  • Apache Ant

  • iTunes


後ろに行くにしたがって本業の研究とは関係ないものになっていくのは御愛嬌。
データも移して移行作業はほぼ終わり。
とりあえず Chem3D の最適化走らせて遊んでました(何

これでラボでのデスク作業も快適になる!と思ってたけど、IME の学習結果 (主にケミカル用語) がチャラになってるのでしばらくは苦労しそう…
こいつって移行できるんだっけ?

昨日の夜、ケータイが鳴る。
誰からだろうととってみるとラボの後輩から。

後「Cai さん!今ラボにいるんですけど、Cai さんのパソコン水浸しですよ!
C「……マジで!?」
後「Cai さんの部屋の窓が開きっぱなしで、雨が吹き込んで直撃してました」
C「窓が開きっぱなし?うちの部屋で最後に帰ったのは……俺じゃんorz
後「とりあえず避難させて軽く拭いときました」
C「あ、ありがとう。明日確認してみるわ」

……えーと、落ち着け俺。
電源は切ってる。
アダプタも抜いてる。
重要なデータは USB メモリにバックアップしてる。
よし、万が一のことがあってもデータは大丈夫だ。
でも……PC 新調する金ないぞ自分……
そもそも Windows 7 が出たらリプレースするつもりだったし、このタイミングで新調なんてしたくない。
でも、ノート PC なきゃ研究がどうしようもないし……
どうか無事でいますように(神頼み

そして今日。
ラボに着くや否や自分のデスクに直行。
積み上げてる書類たちは濡れて乾いてでパリパリになってるorz
問題のノート PC は……もう乾いてるみたいだ。
閉じといて正解だったか。
横にしても振ってみても水が出てくる気配もない。
よし、電源入れるぞ!

ポチッ
ウィーン

CPU ファンも HDD も回ってる。
よし、Dell のロゴ出た。Windows XP の起動画面まで行った!
ログイン……成功!

我がノート PC は、ずぶ濡れになったことなど気にもせずに、元気に動いてくれましたとさ。

北米版 W52 だった 2915ABG を 日本版 W52日本版 W52/W53 と進化させてきたけれど、先日新たな事実を発見。

なんと W56 にも対応していたらしい。

気づいたのは大学でのこと。
研究科共通の無線 LAN を使っていたら

w56.PNG

お、11g だけじゃなくて 11a も使えるようになったのか。そういえばこの前増設工事してたっけ……ちょっと待て、116 ch?でも 2915ABG で W56 見えるわけないし、なんかの間違いだろう。うん、そうに違いない。
よし、試してみればわかるよな。つながるはずないし。

w56_connection.PNG

あれ?つながっちゃったよ?
116 ch で 5.580 GHz だから周波数も合ってるし、ちゃんと通信もできる。いったい何がどうなってるんだろう?
W53 化したときの一連の操作で W56 にも対応したのかしらん。それともこの前クロシコの 11n な miniPCI 導入しようとしたのが影響してるのかなぁ。
疑問は尽きないけど、まあいいか(マテ

北米版 Intel PRO/Wireless 2915ABG を日本版に(自己責任)

で日本で使える W52/J52 に進化した 2915abg。
とりあえずこれで満足してたけど、なんとか W53 にも対応させたいなぁ、とちまちま情報集めてました。

前回の経験から eeprom の 0x4e の値を変えりゃよさそうだというのはわかっていたけど、いくつにすればいいのかさっぱりわからず。
google 先生に根掘り葉掘り聞いてみたところ、ひょっとしたら応用できるかも……という情報を入手。

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/notepc/1145375684/732-739
WLL4070-D50, WLL4030-D50 という intel とはまったく別のメーカーが富士通向けに OEM で出してる miniPCI の話

11a/b/g対応でJ52/W52のWLL4030-D50では、

RegDomain 0x48(MKK1-FCCA)
Country 0x348 US


ん?0x48 で J52/W52 の US って 2915abg と同じ?チップベンダも違うけど使えるかも?
ダメなら戻せばいいし試してみるかー

とゆーわけで(書き換え方は前と一緒)

フランスのがちょうど11aがW52/W53で、

11b/gが1~13chまでで日本と同じだったんで、書き換えてみた。
RegDomain 0x36(ETSI3_WORLD)
Country 0xfa FR


うまくいかず。W52 はつながる。アドホックは 36, 40 のみに。

お次は

RegDomain 0x37(ETSI1_WORLD)

の時のチャネルリストがW52/W53/W56と一致してることを確認しますた。


これもダメ。W52 のみ、アドホックは 36, 40。


やっぱりダメかぁ……
と諦めて 0x45 (W52[JP] 対応)に戻したところ
あれ?64 ch (W53 の一番上) を認識してるし接続できてる!
アドホックは 36, 40, 44, 48。
小人さんが何かしてくれたのかしらん。
スキャン時にうまく認識されないことがあるから passive なのかも。
親機を再起動したときだけだから DFS だねこれ。
64 ch

36 ch (W52 の一番下)も問題なし。
36 ch

これで W52/W53 は全域カバー。J52 は知らん(たぶん使えると思うけど)。

11b/g も大丈夫。
1 ch
13 ch

0x36 or 0x37 に変更してから 0x45 に戻したのが効いてるんだろうけど、何がどーなってるのかよくわからないし、同じことやって同じ結果出るのかもわからないので人柱志望の人にもおいそれとお勧めできないけど、結果オーライ、終わりよければすべてよし(いいのか?)
下手に手を出すとせっかくの W53 対応が潰れそうなのでこれ以上の検証はしてないけど、詳しい情報お持ちの方がいたら是非ご一報を。

# 今は 60 ch (W53) で接続したノート PC から書き込み中

追記
どうやら W56 にも対応していた模様

以前 2915ABG を導入したけど北米版だったので 11a が使えなかった我が 700m だけど、「通りがかりの名無」様からのコメントをもとに、日本版化に成功!
以下メモ書き。

  1. eeprom を書き換えられるように改造した Intel PRO/Wireless 2200BG Driver for Linux をダウンロード(2915ABG でも使える) http://www.geocities.com/sonyirclib/ipw2200.tar.gz
  2. KNOPPIX 3.8.2 の CD を準備(CD からブート可能な linux)
  3. KNOPPIX をブート(2915ABG は挿したまま)
  4. Root Shell を起動。1. を保存したフォルダに移動
  5. #ethtool -e eth0 : 現在の値を確認(0x4e は 0x48)
  6. #tar xvzf ipw2200.tar.gz : #cd ipw2200-1.0.3 : #sh unload : #sh load : 1. の改造ドライバをシステムにロード
  7. #ethtool -E eth0 magic 0x2200 offset 0x4e value 0x45 : eeprom を書き換え(0x4e を 0x45 に)
  8. シャットダウン
eeprom の書き換え方法は 2200BG の例を参考に、 書き換える箇所は「通りがかりの名無」様の情報より


Windows を起動すると、11a のアドホックチャネルが無事に 149, 153, 157, 161 から 36, 40, 44, 48 になっていた。
これで 11a も J52/W52 として活用できる。
宝の持ち腐れ状態解消ー

追記
W53 化にも成功ー

昨日の午前中にデスクトップに引き続きノートの増強も実施(注文してたのが朝の 8 時半に来たw)。
メモリと無線 LAN を追加。

メモリは 256*1 だったのを 512*2 に。
一枚は本体の裏の蓋を開けるだけだったけど、もう一枚はキーボードの裏にあるので Inspiron 710m/700mメモリー交換その2 を参考に破壊分解にチャレンジ。ちょっと力が要るけど、特に問題なく終了。
余った 256 のメモリ、欲しい方がいたらあげます。

続いて無線 LAN。
今まで PCI カードタイプを使っていたけど、毎回挿さなきゃいけないし、はみ出して邪魔だし、 miniPCI にすることに。
11a/b/g 対応の Intel PRO/Wireless 2915ABG をチョイス。取り付けは 700mにIntel PRO/Wireless 2915ABGを装着 を参照。アンテナをつけるのが神経使ったけど(細くて折れそう)、無事に取り付け終了。

電源を入れて OS を立ち上げると、メモリは無事に認識。無線 LAN のドライバをインストールすると……
11b/g は問題ないけど 11a を認識しないぞ!?
ひょっとして J52 なのかもと思い、 intel のユーティリティを走らせるも「必要なし」との御神託。とりあえず W52 なのは間違いなさそう。
さらにチェックしてみると、11a のアドホックチャネルが 149, 153, 157, 161
ぐは、海外版じゃん……
でもまあ、PCI よりは通信も安定してるみたいだし b/g 専用ということでよしとしますか。
# ファームウェアをごにょごにょすると日本でも使えるよーという情報お持ちの方はぜひぜひコメントをば

いろいろ

あわせて読みたいブログパーツ
フィードメーター - 徒然なる記録 - Chaotic Shore

プロフィール

ハンドル:Cai
有機化学を専攻する駆け出しアカデミック。
無秩序な浜辺に生息。
Mozilla 界にも出没。MozillaZine.jp 管理人。Mozilla 日本語ローカライズ。
詳細は不確実な報告書を。

Skype/twitter/はてな/mixi
Facebook, Google+ は実名

フィード